榧(かや)材を使った一木造の仏像で、11世紀・平安時代後期の作。丈84cm・膝高66cm。市北西部の靡山(なびきやま)の上有木谷で発見。昭和57年4月、県文化財に指定された。古文書などから、靡山の神宮寺だった天徳山大行寺の本尊と推測され、あごの出た張りのある横顔などは大分・宇佐地方の仏像に近いとの指摘も。
宮若市観光協会
〒822-0133 福岡県宮若市脇田16  電話 0949-55-9090 FAX 0949-55-9091 メール wakakanko@yahoo.co.jp
ホームみどりの里やすらぎの里わきあいあいの里かんどうの里ブランド歳時記脇田温泉全体マップリンク集
ほたるまちの駅あらかるとゴルフ登山