県道真上の岸壁中腹に十六体の羅漢石仏が安置されている。平安時代の文治年間(1185〜1190)に痘瘡(天然痘)が流行した際、極楽寺住職道心上人がこの岩窟にこもって治癒を祈願。無事に治めたことを感謝した村民が建立した。宮田八十八ヶ所の五十四番札所でもある。上り口からほどなく、左手に見える鉄柵の方へ。
宮若市観光協会
〒822-0133 福岡県宮若市脇田16  電話 0949-55-9090 FAX 0949-55-9091 メール wakakanko@yahoo.co.jp
ホームみどりの里やすらぎの里わきあいあいの里かんどうの里ブランド歳時記脇田温泉全体マップリンク集
ほたるまちの駅あらかるとゴルフ登山